診療のご案内
小樽エキサイ会病院

Home診療のご案内診療科案内外科・肛門科>腹腔鏡手術

腹腔鏡手術

手術のキズ

公衆浴場や海水浴でお腹に大きなキズのある人を見かけることがあります。外科医として、そのような人をみると、「なんの病気だったのだろう・・・?」「痛々しいキズだな・・・」と思ってしまいます。従来の手術は、病巣に到達するためには大きな腹壁の切開を行った後、外科医の肉眼で直接病巣を確認しながら行われてきました。現在では、手術手技や医療器具の進歩により、キズの小さな腹腔鏡手術が普及してきています。

腹腔鏡手術はどうやってするの?

胃、大腸、肝臓、胆嚢、膵臓などの腹部内臓に対する手術です。

腹腔内をビデオカメラで撮影し、ビデオスクリーン(モニター)に写し出し(写真1)、この画面を見ながら、特殊な器具を使って手術を行います(写真2)。

私たちが主に行っている腹腔鏡手術は、お腹の数ヵ所に5〜10mm程度の小さな穴を開け手術を行います。

写真1
写真1
写真2
写真2

腹腔鏡手術の歴史

腹腔鏡手術に関しては、世界では1987年、日本では1990年、胆石症に対し第1例目の手術が行われ、低侵襲(体への負担が少ない)手術として爆発的に普及しました。現在、胆石症手術のほとんどが腹腔鏡手術で行われており、第一選択の手術術式となっています。

対象臓器も、手術が比較的簡単である胆嚢だけでなく、1991年には胃、1993年には大腸など、現在ではすべての腹腔内臓器に至っています。最近では、難易度が高くどこの病院でもできる手術ではありませんが、肝臓の手術でも腹腔鏡手術が保険診療で認められました。

腹腔鏡手術の利点・欠点

利点としては、キズが小さいく、時間が経過とともにキズはほとんど見えなくなるので美容上の利点があります。また、小さなキズのため、術後の痛みが少なく、内臓の機能が開腹手術に比べ早く回復するため、短期間の入院ですみ、社会復帰も早くなります。開腹手術に比べて腹腔内の癒着が起こりにくく、肺炎などの手術後の合併症の発生が低いと言われています。

さらに、ビデオカメラで拡大をしながらモニターに映し出し手術を進めるため、肉眼で見ながらの開腹手術に比べより適切な手術が可能であるとも言われています。このような観点からも腹腔鏡下手術は今後ますます盛んになる手術法と考えられます。

一方、欠点としては、手術の難易度が高く、手術器具も特殊であり、どこの病院でもできる手術ではありません。一般的に開腹手術と比べると時間のかかる手術です。腹腔を膨らませて行う手術のため、腹部手術の既往があり、癒着のある患者さんや病気の進行度や病状によっては腹腔鏡手術が困難、不可能な場合があります。また、腹腔鏡手術は、開発されてから30年のまだ新しい手術であり、特に癌に対する手術としては20年ほどであり、手術後の長期成績については開腹手術と比較したデータがまだ少ないのが現状です。

さらなるキズの縮小、キズのない手術を目指して〜単孔式手術〜

一般的な腹腔鏡手術は5〜10mmの数ヵ所のキズにより行われますが、さらにキズを少なく、小さくする手術も行われています。

通常、数ヵ所のキズによる腹腔鏡手術をお臍のキズひとつで行う単孔式手術が2008年より世界で普及してきています。数ヵ所のキズから挿入していた手術器具をお臍の一つのキズから挿入して手術を行うため、難易度の高い手術です。

開腹の胆嚢摘出術(写真3)に比べると、従来の腹腔鏡手術による胆嚢摘出術(写真4)によりキズがかなり少なく、小さくなりましたが、さらに単孔式手術による胆嚢摘出術は、キズがお臍のくぼみに隠れることにより、時間がたつとほとんどキズがわからなくなります(写真5)。当院でも2008年から導入し、胆嚢などの限られた臓器ではありますが、通常の手術として安全に行っています。

写真3
写真3
写真4
写真4

写真5
写真5

おわりに

手術のキズは、美容や手術後の痛みの面から考えると、小さいに越したことはありません。私たち外科医はなるべく小さなキズですませるように手術を進め、必要以上にキズを大きくすることはありません。しかし、医学の進歩によりキズの小さな手術が開発されてきていますが、誰にでも小さなキズの手術ができるわけではありません。

キズを小さくすることだけを考えて、肝心な本来の病気の治療に不足が生じてしまうことではいけません。手術を受ける際には、十分主治医と相談し、病状、病気の進行度、患者さんの背景などを考慮したうえで適切な手術術式を選択することが重要です。

日本海員掖済会小樽病院
外科部長 大野敬祐

ページの上へ