診療のご案内
小樽エキサイ会病院

Home診療のご案内消化器病センター>内視鏡検査・カプセル内視鏡

内視鏡検査・カプセル内視鏡

カプセル内視鏡小樽掖済会病院では、2009年2月より小腸用カプセル内視鏡、2013年12月より大腸用カプセル内視鏡(ギブン・イメージング社)を導入しております。小樽・後志管内では初の導入施設です。

当院ではすでにダブルバルーン式小腸内視鏡を導入しておりますが、カプセル内視鏡を導入したことにより、検査を受ける患者様の負担がぐっと軽減されるようになりました。

カプセル内視鏡とは

小腸用

カプセル内視鏡小型カメラを内蔵したカプセル型(直径11mm・全長26mm)の検査装置です。このカプセルを口から飲み込むと、内蔵カメラが消化管内部を撮影しながらすすんでいきます。毎秒2枚のペースで約8時間にわたり約5万枚もの画像を撮影します。撮影を終えたカプセルは排便時、体外に排出されます。

カプセル内視鏡大腸用

2台の小型カラーカメラ(両側に1台ずつ)、バッテリー、LED光源が装備され、サイズは11mm×31mmです。このカプセルを口から飲み込むと、約10時間にわたって毎秒最高35枚の画像が撮影され、患者様に装着した記録装置に転送されます。

この記録装置からコンピュータにデータが転送され、ソフトウェアを使ってビデオ画像として編集され、医師が検査の結果を評価・報告することができます。

カプセル内視鏡のメリット

カプセル内視鏡の注意点

カプセル内視鏡検査は小腸が対象です。

カプセル内視鏡検査の流れ

1検査の前日
消化の良い食事を午後10時までに摂り、その後の飲食はお控えください。
喫煙はカプセルを飲む24時間前からおやめください。
2検査の始まり
カプセル内視鏡アンテナを腹部に貼付し、記録装置をベルトで腰に着けます。

カプセル内視鏡を適量の水で飲み込みます。その後は職場やご家庭にお戻りいただけます。

カプセル内視鏡


3検査の終わり
およそ8時間後、病院に戻り、アンテナと記録装置を返却します。
カプセルは排便時に、体外に排出されます。
詳しくは、消化器内科までご相談ください。
ページの上へ