病院紹介
小樽エキサイ会病院

Home病院紹介>手術症例数

手術症例数

外科・肛門科 2016年 2015年 2014年
入院手術 悪性疾患 大腸癌 104 84 101
結腸癌 68 39 67
腹腔鏡手術 49 24 48
直腸癌 36 45 34
腹腔鏡手術 24 23 14
胃癌 47 46 54
幽門側 28 28 36
腹腔鏡手術 14 15 29
胃全摘 18 17 17
腹腔鏡手術 5 2 5
肝癌 9 10 7
乳癌 10 9 1
胆管癌 1 1 1
膵臓癌 2 1 0
他 癌 3 10 5
小計 176 158 174
良性疾患 胆石症 86 101 73
腹腔鏡手術 72 81 60
TANKO 4 3 5
IBS 0 4 1
肛門疾患 100 83 85
内痔核 58 44 55
痔瘻 29 27 25
腹膜炎 27 30 19
消化管穿孔 12 11 12
虫垂炎 16 21 18
腹腔鏡手術 15 19 14
イレウス 16 17 16
人工肛門造設術 20 19 26
ヘルニア 51 48 45
鼠径 46 35 36
大腿・閉鎖 2 7 2
腹壁瘢痕 1 5 6
人工肛門閉鎖 4 9 12
2 2 1
他  96 97 80
小計 431 438 388
607 596 561
外来手術 外来 174 132 88
肛門疾患 14 11 12
174 132 88
総計 781 701 640

1. 小樽掖済会病院での大腸癌手術症例の推移 2000年4月〜2015年3月(H12年度〜H26年度)

1. 小樽掖済会病院での大腸癌手術症例の推移 2000年1月〜2011年12月(H12年〜H23年)

2-1. 当院で初回治療を行った大腸癌の治療成績

2004年4月〜2011年3月までの7年間の各年齢層での症例数
症例数 男性 女性
85歳以上 (最高齢95歳) 56 18 38*
75〜84歳 168 80 88*
74歳以下 354 218 136
578 316 262

*: P < 0.01

高齢者大腸癌で女性の頻度が有意に多くなった。最高齢(95歳)の症例は手術後、6年以上お元気で健在です。

2-2. 各年齢層における大腸癌の進行度

2-2. 各年齢層における大腸癌の進行度

各年齢層の進行度に差を認めなかった。

2-3. 各年齢層における進行度U大腸癌の生存曲線

2-3. 各年齢層における進行度U大腸癌の生存曲線

進行度I症例に癌死亡症例は無かった。
進行度IIでも85歳以上の超高齢者で癌死亡は無かった。全体でも3例の癌死亡を認めるのみで、5年生存率が90%以上と非常に良好でした。

2-4. 各年齢層における進行度V大腸癌の生存曲線

2-4. 各年齢層における進行度V大腸癌の生存曲線

進行度IIIはリンパ節転移を有する症例です。5年生存率は80%前後と非常に良好でした。

2-5. 各年齢層における進行度IV大腸癌の生存曲線

2-5. 各年齢層における進行度IV大腸癌の生存曲線

進行度IVは肝や肺などの遠隔転移を有する症例です。84歳以下の症例の5年生存率は31%、10%でした。

ページの上へ