看護部
小樽エキサイ会病院

Home看護部教育・研修>研修計画

教育・研修

2017年度教育計画

教育目的

専門職として質の高い看護サービスを提供できるように、看護判断・実践能力を育成する。

研修計画

教育目標

全看護職対象研修
  • 医療職者としての基本的知識・技術が習得・確認できる
  • 看護部の理念に沿った看護実践に近づくことができる
  • 日々の看護の中から課題を見つけ、解決方法を考えることができる
  • 最新医療を理解し、看護実践に活用することができる
  • 積極的に自己研鑚に取り組み、判断と実践に自信が持て、看護実践の役割モデルとなることができる
新採用者研修
  • 安全なケアを実施するための基本的技術と社会人としての態度が習得できる
プリセプター研修
  • プリセプターの機能と役割を理解する
  • プリセプターとして必要なコミュニケーションスキルを学び、実践できる
  • 管理者やスタッフを巻き込み、柔軟にプリセプティーを育むことができる
管理研修
  • 求められている役割期待を自覚することができる
  • 組織の目的への距離を自覚することができる
  • 看護管理者としてリーダーシップ機能及び調整機能を効果的に果たすために必要な能力を高める
看護研究
  • 臨床現場の問題や看護実践を論理的に考え、課題の取り組みの結果をまとめることができる
看護補助者研修
  • 基本的な技術と円滑な人間関係を形成するための方法を学び、活用できる

新採用者研修、新人研修

目標:安全なケアを実施するための基本的技術と社会人としての態度が習得できる

研修名 研修目的・内容
4月 病院の概要
  • 病院理念・方針
  • 病院組織の理解
  • 看護部の方針、看護倫理の理解
医療安全 リスクマネージメントを理解する
感染対策T 感染対策の基本を理解する
  • スタンダードプリコーション
  • 針刺し事故防止
基礎看護①
(基礎技術)
  • 採血・静脈注射・留置針挿入と介助
  • 血糖測定
  • インシュリン
  • 胃管挿入と固定
医療機器管理
  • 輸液ポンプ
  • シリンジポンプ
  • 生体モニター
  • ポート管理
5月 基礎看護②
(与薬)
  • 薬剤管理(毒薬・劇薬・麻薬・血液製剤)
  • 抗生物質の用法と副作用
  • 麻薬の主作用と副作用
  • アンプルの取扱い
  • 類似薬剤
基礎看護③
(看取りのケア)
  • エンゼルケア
6月 緩和ケア研修
  • 緩和ケア入門研修
  • オピオイド、レスキュー等の知識と取扱い
7月 基礎看護④
(救命救急)
  • 意識レベルの把握
  • 気道確保、心臓マッサージ
  • AED
8月 リフレッシュ研修 未定
9月 基礎看護⑤
(感染管理U)
  • スタンダードプリコーション2
  • 無菌操作
  • 針刺し事故防止対策と針刺し事故後の対応2
10月 基礎看護⑥
(創傷管理)
  • 創傷処置
  • 褥瘡の予防
11月 基礎看護⑦
(終末期)
3月 1年のまとめ
新人研修 一年の流れ

全看護職員対象研修

目標:

  • 医療職者としての基本的知識・技術が習得・確認できる。
  • 看護部の理念に沿った看護実践に近づくことができる。
  • 日々の看護の中から課題を見つけ、解決方法を考えることができる。
  • 最新医療を理解し、看護実践に活用することができる
研修名 研修目的・内容 研修分野 担当
3月 プリセプター研修
4月 看護必要度 看護必要度を理解し、正しく評価・記録する 教育委員会
医療機器取扱い研修 正しく医療機器が取り扱える 臨床工学技士
5月 認知症の基本的知識と看護を学ぶ 認知症患者を理解し、看護実践に活かせる 外部講師
6月 リフレッシュ研修 内容未定
緩和ケア研修 終末期の意思決定について考える 緩和ケア
認定看護師
7月 化学療法研修 化学療法時に必要な、基本的知識と技術が理解できる。 化学療法委員会
スキンケア研修 最新の褥瘡対策とケアを知る 皮膚・排泄ケア
認定看護師
8月 情報倫理研修 患者情報と看護倫理について理解する 師長会
9月 看護記録研修 新たに取り入れる看護記録システムを理解する 記録委員会
看護必要度
(各部署で開催)
看護必要度の理解の再確認 記録委員会
10月
11月
電子カルテ操作研修 電子カルテを操作し、業務できる SE
1月 伝達講習 参加した研修内容をまとめて伝える 看護実践
教育委員会
2月 リフレッシュ研修 内容未定 教育委員会
3月 看護研究発表 看護研究の成果を発表、検討する 教育委員会

プリセプター研修

目標:

  • プリセプターの機能と役割を理解する
  • プリセプターとして必要なコミュニケーションスキルを学び、実践できる
  • 管理者やスタッフを巻き込み、柔軟にプリセプティーを育むことができる
研修名 研修目的・内容 担当
3月 概論
  • プリセプター制度を理解する
主任会
6月 事例検討
  • プリセプティーとの関係性の事例検討(紙面演習)
主任会
9月 課題事例研修
  • 実際に困った事例を持ち寄り、ロールプレイ研修
主任会
12月 まとめ
  • 8か月の振り返り
主任会

管理研修

目標:

  • 求められている役割期待を自覚することができる
  • 組織の目的への距離を自覚することができる
  • 看護管理者としてリーダーシップ機能及び調整機能を効果的に果たすために必要な能力を高める
研修目的・内容 担当・講師
6月 看護倫理 看護部長
10月 未定 看護部長

平成27年度 看護研究検討会 3月

演題 発表者所属
未定 未定

看護補助者研修

目標:基本的な技術と円滑な人間関係を形成するための方法を学び、活用できる。

研修名 研修目的・内容
4月 病院の概要
  • 病院理念・方針
  • 病院組織の理解
4月 医療安全 リスクマネージメントを理解する
4月 感染対策 感染対策の基本を理解する
  • スタンダードプリコーション
  • 針刺し事故防止
5月
6月
看護補助者の心得 看護補助者の役割
看護チームとしての情報共有
5月
6月
基礎的な生活支援
  • 安全な移動
  • セッティング
  • 食事介助
  • オムツ交換
ページの上へ